Chopin Lektion (レクツィオーン)!

今日はショパンの木枯らしの練習曲を上級の生徒さんにレッスンするにあたって試行錯誤しました。

以前に中級の生徒さんに幻想即興曲をレッスンした時も同じ難しさがありました。

両方の曲ともとにかく音が多い。

でもザっと中くらいかやや速目のテンポで弾いてこれてしまう生徒さんのレヴェルをプロ或は優秀な音大生レヴェルに引き上げる時の難しさは初級から中級へ引き上げるのより教師にとってハードになります。

何故、一応弾いているのにプロ級ではないのか、その違いを見つけ出し、じゃあどういう練習法を新しく試みなければならないのか、を生徒にはっきりと提示し納得させなければならないからです。


38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

恒例の合同発表会

毎年6月に藤沢リラホールで三人の先生方による合同発表会を行っていましたが、今年はコロナの影響で9/22に行われました。 天野教室からは5才から高2までの10人が参加、皆驚くほどの上手な演奏で会場のあちこちから『おおお!』とか『はあ!』とか感心して一人一人の演奏を聴いて下さいました。 嬉しくてニコニコしながら弾く小さい生徒さんから、中学生のkちゃんは華やかなフォーレ、高校生のH君は全国大会で弾いた曲

本当は怖いピアノ🦹

https://youtu.be/vzkKs6F82JM ここで正直な事を明らかにしておきます。 ピアノは白人の男性の楽器です。手足の華奢な日本人の私達にこれほどに普及できたのが不思議です。 ショパンが病弱で女性的だったと言い伝えられていますが、ポーランド人男性はスタイル抜群の運動能力に特性のある人種です。 ピアノは「Virtuous(強い!)」からがプロです。 世界に出れば180, 190cmの

Copyright(C) 2020 Amano Piano School ALL rights reserved.