Chopin Lektion (レクツィオーン)!

今日はショパンの木枯らしの練習曲を上級の生徒さんにレッスンするにあたって試行錯誤しました。

以前に中級の生徒さんに幻想即興曲をレッスンした時も同じ難しさがありました。

両方の曲ともとにかく音が多い。

でもザっと中くらいかやや速目のテンポで弾いてこれてしまう生徒さんのレヴェルをプロ或は優秀な音大生レヴェルに引き上げる時の難しさは初級から中級へ引き上げるのより教師にとってハードになります。

何故、一応弾いているのにプロ級ではないのか、その違いを見つけ出し、じゃあどういう練習法を新しく試みなければならないのか、を生徒にはっきりと提示し納得させなければならないからです。


56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏の発表会 💐

https://youtube.com/playlist?list=PLUSjYxcOJse2un_xtpi_OpWLmscNoK7j3 皆様、無事に今年も発表会を迎える事が出来、おめでとうございました。 今年は幼児・小学生の部が特に白熱していました。何しろレベルが高い!との評判を耳にすることが出来まして、日頃からのしつこいくらい長いレッスン、繰り返し練習の成果がやはり大きく出るのを感じました。