top of page

Chopin Lektion (レクツィオーン)!

今日はショパンの木枯らしの練習曲を上級の生徒さんにレッスンするにあたって試行錯誤しました。

以前に中級の生徒さんに幻想即興曲をレッスンした時も同じ難しさがありました。

両方の曲ともとにかく音が多い。

でもザっと中くらいかやや速目のテンポで弾いてこれてしまう生徒さんのレヴェルをプロ或は優秀な音大生レヴェルに引き上げる時の難しさは初級から中級へ引き上げるのより教師にとってハードになります。

何故、一応弾いているのにプロ級ではないのか、その違いを見つけ出し、じゃあどういう練習法を新しく試みなければならないのか、を生徒にはっきりと提示し納得させなければならないからです。


閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年明けすぐのコンサートでしたが皆さん、お休み中も練習を休まずしっかり演奏して下さり、アットホームな会となりました♪ 夏のコンサートホールでの発表会とは全く違う親密な空間での発表はまた違った緊張感もあり、お友達の演奏も聴き合える良い機会になり、子供達も切磋琢磨されたことと思います。 子供達からもご家族からも楽しかった!という声が続出していて大変嬉しく、また恒例の行事にしたいと思います。 1人2曲以上

bottom of page