top of page

ソナタ

今日は練習の合間を縫って生徒さんの曲探し。

体が大きくなった時に音楽的内容のある曲を始められる様に、小学生の時に楽譜読みと練習を頑張る事は大切ですね。

クラシック何しろ技術が複雑ですから。その方が気分的にもピアノを続け安いと思います。


男の子も女の子もエレガントなピアノが弾ける、と言うのは財産です。


でも古典時代の大作曲家達の偉大な魂が込められた作品である『ピアノソナタ』に辿り着く前に、学校や受験の時期が来てピアノをやめてしまったら勿体ないですね。


 

例えば上の楽譜🎼

これはベートーベンのソナタ集の中でも1番軽いソナタですが、されどベートーベン。

もしこれを読んで下さってる貴方がうちでこの曲を弾いてみられると、

初めの右手のオクターブの白い音符から決まった鳴らし方があるのです。

左手の単純な3和音の伴奏もベートーベンには決まった和音の鳴らし方があります。


一緒に本物のドイツ古典派ベートーベンをマスターしませんか?




 

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年明けすぐのコンサートでしたが皆さん、お休み中も練習を休まずしっかり演奏して下さり、アットホームな会となりました♪ 夏のコンサートホールでの発表会とは全く違う親密な空間での発表はまた違った緊張感もあり、お友達の演奏も聴き合える良い機会になり、子供達も切磋琢磨されたことと思います。 子供達からもご家族からも楽しかった!という声が続出していて大変嬉しく、また恒例の行事にしたいと思います。 1人2曲以上

bottom of page